ラーメンに入れる卵の具合

Posted on 1st 12月 2011 in メモ帳

欠かせないというわけじゃない。無かったら無くてもあきらめるけど、ラーメンのトッピングは何かと言われると絶対に『卵』です。

生?半熟?完全に固める?それともゆで卵、あるいは煮卵。ラーメンに添える卵といっても、いろんな形がありますね。どの状態が好きかは、人それぞれ。ラーメン店によっても、卵の具合は違うと思います。

でも、卵が直接ラーメンに落とされているお店は少ないでしょうか?ほとんどが煮卵、そして大半がお店の特製とされている。そして、別料金。

家で作るインスタントラーメンには必ず卵をポトリと落としますが、お店で別料金を払ってまで卵を求めることはありません。どんなにお店の特製だとアピールされていても。なぜかというと、チープリ派だから。

自分でラーメンに卵を落とすとき、どのくらいまで固めるかはそのときの気分によりけり。出来上がる寸前にポトリと落としてすぐに火を止め、ほぼ生の卵を麺に絡めて食べたいときもあります。中盤くらいで入れて程よく固め、誰もが(?)愛する半熟の黄身を楽しむのも好きです。たまには早いうちに入れて、しっかり固めてしまうことも。

ラーメンに煮卵やゆで卵をトッピングすることは、滅多にありません。というか、一度もしたことがありません。

人によっては「絶対半熟!」とか「ちょっと固まってるくらいがいい」とか、「味を汚したくないからゆで卵か煮卵」とか、いろんなこだわりがあるでしょう。私は一切こだわりません。卵なら、それでいい。どのくらい固まっているのかも、楽しみの一つです。

その点、お父さんはちょっとうるさい方。目頭を立てて怒ることはありませんが、自分が求める固さじゃないと一言ポツリ。嫌味とまではいかないけど、「あぁ、今回の固さは好みじゃなかったんだな」とすぐにわかります。

ラーメン屋さんは、お客さんのトッピングや硬さなどを一つ一つ記憶しているのですごいなーと思います。
私は最近ケータイで、ラーメン屋さんを経営するゲームを行っています。
お客さんの注文通りにトッピングを載せて、ラーメンを完成させるゲームなのですが、これがなかなかに難しい。

最初は覚えられませんでしたが、コツをつかんで記憶術を身につけてからは、結構点数を上げることが出来るようになりました。
点数があがると乗せられるトッピングが増えたり、他の人のお店に遊びに行ったりできるので結構面白いですよ。

comments: Closed

Comments are closed.