米国でのクルマ購入事情

Posted on 7th 12月 2011 in メモ帳

新車を購入する際、ところが違えば買い方やサービスも違います。
ここでは、主に米国での新車購入について、特徴などを紹介します。

まず米国のディーラーに足を運ぶと、
日本との違いが至るところにあることに気が付きます。

店員に声をかけると、まず「どのクルマ?何番」と聞かれるので、
きっと戸惑うことでしょう。

たとえ自分では、既に予算内で特定の車種を絞り込んでいても、
実物をまず見ないと店員と会話にならない事にここで初めて気が付かされるのです。

店に入る前にまず、展示車、試乗車に目がいく、という点では、日本と共通しています。

ところが、米国の場合、展示車が屋外の広々とした青空のもと、
車種ごとに数え切れない程の台数で整然と並べられていることに、
きっと驚かされることでしょう。

米国では、屋外の展示車を先に見て、
自分で良いなと思われる車の番号を押さえておくシステムなのです。

もし、適当に車種だけを答えると、店員によっては気前よく、
その車種の展示車の鍵を全部渡されることもあります。
米国では日本のように、注文制ではありません。
たとえ屋外で展示してある車であろうが、だれかが一旦乗り込んだ車であろうが、
展示車を購入することになるのです。

その為、中には少々走行したマイル数が大きめの車もあります。
一般的に米国では、およそ10マイル以内であれば、
新車でも米国ではゼロkmという扱いなのです。

そして、同じ車種、型式、色でも、
車内装備は車によってことごとく全部違うという特徴もあります。

大概は、展示車の左後ろ横に、価格や装備について記載してあるのですが、
米国では時に内容が誤掲載となっていることがあるので注意が必要です。

価格交渉は、今日買うなら、ある程度安くしてくれる、
といったパターンが多いですが、
相手もプロなので、そこはできるだけ怒らせないように交渉を進める事が大切。

最後は店長と交渉できれば、
たいていはうまく希望価格に近いところで購入できることでしょう。

米国での話を書いていたら、懐かしくなってきました。
私は向こうで食べていたジャンクフードが時々食べたくなり
ネットで注文することがあります。

comments: Closed

マンガ原作の実写化を考える

Posted on 4th 12月 2011 in メモ帳

「るろうに剣心」が映画化されるという話を聞いた時、またかと思ってしまった。
マンガ原作から実写化されるという流れが最近特に乱発されているように思える。
アニメ化ならまだいい。けれど、実写化は結構無理を感じる作品もある。
マンガだからこそできる表現が、実写化ともなるとどうしても違和感を感じざるを得ない。
原作のある作品にはファンがついており、オリジナル作品で勝負するよりはある程度の層が見込めるからという理由らしい。
とはいえ、原作ファンとしては佐藤健始めキャスト陣は割と好きなのだがキャラに合ったキャスティングかと言われたら微妙としか言いようがない。
蒼井優もファンなんだけど恵先生ではないだろうって思ってしまう。
実写化といえば、年末には「らんま1/2」も日テレで放映されるとか。
これこそマンガやアニメだからこそできる作品の筆頭じゃないか。
うーん、実写化で成功した作品を数える方が少ない気がするのだが。
実写化のあまり好きでないポイントはストーリー改変、キャラ設定改悪といったことが往々にして挙げられる。
原作ファンに一番好まれないポイントだ。
例を挙げるとたくさんあるが、興行的な面においてもハリウッド映画になった「ドラゴンボール」はその悪評においてトップクラスだ。
もはやネタとして見るしかないとファンもあきらめている。
ここまでマンガ原作の実写化をこき下ろしてきたわけだが、中には「ROOKIES」や「のだめカンタービレ」のように名作へと昇華した作品もある。
これらの作品が成功したのは、やはりキャスティングやストーリーを原作に比較的忠実だった点にあるだろう。
ストーリーやキャラクターの改変も、整合性のとれるものであるならば原作ファンだって納得する。
制作陣が原作を大事にしてくれたからこそのヒットでもあるだろう。
「るろうに剣心」や「らんま1/2」は、何だか危険な香りがするのだが原作ファンの1人として少しでも素晴らしい作品になるよう期待している。

comments: Closed

「アイスマン」F1復帰

Posted on 4th 12月 2011 in メモ帳

2007年のF1チャンピオンに輝き、現在はWRCに出場していたキミ・ライコネンが来季F1に復帰することが決定しました。

ライコネンはロータス・ルノーGPと2012年からの2年契約を結んだとのこと。

これは個人的にはとても嬉しいニュース!

もともとミカ・ハッキネンが好きで、その後継者として登場したライコネン。

フィンランド人らしい寡黙なイメージと、それなのにパーティ好きという相反するキャラクターで「アイスマン」と呼ばれてかなりの人気でした。

ドライバーとしても、2007年の優勝を始め、その前後の年でもフェルナンド・アロンソやルイス・ハミルトンらと激しい優勝争いを見せてくれていたのですが、2010年にアロンソのフェラーリ加入が決定しため、フェラーリから離脱。
マクラーレンへの移籍も噂されましたが、マクラーレンはジェンソン・バトンを獲得したために、移籍を断念。
WRCに参戦することになりました。

それから2年が経ち、今回「時計相手ではなく人間を相手にバトルしたかった」とのコメントともに復帰。
WRCも見ていてとても興奮するレースですが、時間を争うタイムレース。
F1のように速さはもちろんですが、順位を競うレースのほうが、様々な駆け引きがあり魅力的だったのかもしれません。

とはいえ、同じように一度引退して復帰した伝説の王者ミハエル・シューマッハでさえ、復帰後はなかなか思うように活躍できていない現状。

F1のテクノロジー進化やレギュレーション(ルール)変更は、現場にいてさえもついていけないほどと聞きます。

そこに2年のブランクがあるライコネンが復帰して、果たしてどれだけの期間で環境に慣れて勘を取り戻すことができるのか。

ロータス・ルノーGP自体も、トップチームとはかなり水をあけられており、どこまで優勝争い、せめて入賞争いに食い込むことができるのか。

シーズンが終了したばかりですが、早くも2012年の開幕が楽しみになってきました。

comments: Closed

ラーメンに入れる卵の具合

Posted on 1st 12月 2011 in メモ帳

欠かせないというわけじゃない。無かったら無くてもあきらめるけど、ラーメンのトッピングは何かと言われると絶対に『卵』です。

生?半熟?完全に固める?それともゆで卵、あるいは煮卵。ラーメンに添える卵といっても、いろんな形がありますね。どの状態が好きかは、人それぞれ。ラーメン店によっても、卵の具合は違うと思います。

でも、卵が直接ラーメンに落とされているお店は少ないでしょうか?ほとんどが煮卵、そして大半がお店の特製とされている。そして、別料金。

家で作るインスタントラーメンには必ず卵をポトリと落としますが、お店で別料金を払ってまで卵を求めることはありません。どんなにお店の特製だとアピールされていても。なぜかというと、チープリ派だから。

自分でラーメンに卵を落とすとき、どのくらいまで固めるかはそのときの気分によりけり。出来上がる寸前にポトリと落としてすぐに火を止め、ほぼ生の卵を麺に絡めて食べたいときもあります。中盤くらいで入れて程よく固め、誰もが(?)愛する半熟の黄身を楽しむのも好きです。たまには早いうちに入れて、しっかり固めてしまうことも。

ラーメンに煮卵やゆで卵をトッピングすることは、滅多にありません。というか、一度もしたことがありません。

人によっては「絶対半熟!」とか「ちょっと固まってるくらいがいい」とか、「味を汚したくないからゆで卵か煮卵」とか、いろんなこだわりがあるでしょう。私は一切こだわりません。卵なら、それでいい。どのくらい固まっているのかも、楽しみの一つです。

その点、お父さんはちょっとうるさい方。目頭を立てて怒ることはありませんが、自分が求める固さじゃないと一言ポツリ。嫌味とまではいかないけど、「あぁ、今回の固さは好みじゃなかったんだな」とすぐにわかります。

ラーメン屋さんは、お客さんのトッピングや硬さなどを一つ一つ記憶しているのですごいなーと思います。
私は最近ケータイで、ラーメン屋さんを経営するゲームを行っています。
お客さんの注文通りにトッピングを載せて、ラーメンを完成させるゲームなのですが、これがなかなかに難しい。

最初は覚えられませんでしたが、コツをつかんで記憶術を身につけてからは、結構点数を上げることが出来るようになりました。
点数があがると乗せられるトッピングが増えたり、他の人のお店に遊びに行ったりできるので結構面白いですよ。

comments: Closed